宿泊施設系の怖い話

☆【怖い話・実話】 ラブホテルのリニューアルにまつわる心霊体験2選

更新日:

補修工事後の部屋で起こった心霊現象

今から56年くらい前の話です岐阜県岐阜市にあるラブホテルで体験した嫌な心霊現象ですそのラブホテルは10年くらい利用していたのですが心霊体験は1回だけです

宿泊で利用したある日のこと入ってすぐに異変を感じましたまずベット本体の合皮のカバーが明らかに急遽修理したような状態になっていたんです何かを隠すようにそしてよく思いだせないんですが壁にも仮塗りみたいな感じがしてあったと思います直感ですが血がついた跡を隠したのかなって思いました要するに近々にその部屋で事件あったのかもっていうことです最初はただのご飯とかこぼして汚れただけかと思いましたそしてシャワーを浴びに風呂場に向かいましたシャワーを浴びていたら急に有線の音楽が爆音で流れはじめたんです

彼氏がスイッチを入れたのかと思いうるさいから音量小さくしてって風呂場から声をかけたら何が~?つけてないよって言っててたようなんです怖って思いました要するに勝手に電源が入ったんですそんなことは初めてでした

怖いので早く上がって寝ようかと思いました季節は春で暑い時期でもなかったのにサウナに入っているかのような暑苦しさで目が覚めました

すごい汗ですでも外気温は正常でエアコンを入れたら寒くなるような温度でしたこの部屋は以前にも何度か利用したことがありましたがこんな体験は初めてでしたそれから数週間後このラブホの改装工事が始まりましたきっと何かがあったのだと思います

(岐阜県 女性)

重く嫌な空気が漂う不気味な部屋

今回のお話は愛知県内にあるラブホテルでの出来事をお話しようと思いますこれは自身の体験談です私は特に敏感に分かるくらいの霊感がありますまさかここでもこ様な事が起きるとは思っていませんでした

その私は当時お付き合いをしていたパートナーと一緒にホテルで宿泊をしていた時の事ですその日は仕事終わりの平日でしたので宿泊時間が長くホテル(最近新規に改装したばかりの人気のホテルで一度入ってみたかった)選びました入室すると部屋はとても綺麗で清潔感もあり部屋もベッドも広くお風呂も広く最新の設備が整っていましたがドアを開け入室したとたん今までに無い部屋の寒気静かさかなり重い空気を感じました

まあいつもの事なのでとりあえず何もせず外の空気を部屋に取り入れたいと思い窓を開けましたこういうホテルでは良くある事なので今回も深く感じず一時を過ごしました

そろそろシャワーお風呂に入りたくなりお風呂場へ向かったまた寒気異様なかなり重い空気感じてしまいました

どうやらここの部屋の水周りトイレお風呂から何か違和感変な気を感じ取れましたがこの時には何も起こりませんでしたその後ベットで眠りにつきましたお昼頃に私は目が覚めましたその時です女性の方が寝ている私たちを「じーっ」と見ているような気配を感じました見られているのを感じた瞬間身体が重くなり身動きがとれなくなりました「金縛り」です

その後私になにか問いかけるように言葉が聞こえてきましたが全く聞き取れず動けないままの私の寝ている真横を通りベットの上を静かに物音立てずに私を踏むようなギリギリの所を通り窓を開けた(部屋の)出ていきましたその瞬間私の「金縛り」の様な症状もなくなりました

その後窓を開けた外を見て思ったことは変電所浄水場すぐ隣にあり周りは田んぼでしたが急に恐怖感が出てきて何時も持ち歩いている粗塩を撒き自分自身も清めましたその女性の方は何を私に問いかけ何を話したかったのだろうと今でも思い出すたびに感じますそのホテルは昭和時代からのホテルで古い今回内装外装をリニューアルした改装のホテルだと分かりました

またこの記事を書いている時にも私の背後には何か感じ寒さを感じ身体全身特に両腕には常に鳥肌が立っていました一体なんだったのでしょうか

(愛知県 男性)

-宿泊施設系の怖い話

Copyright© 不思議な話・恐怖心霊体験談 , 2020 All Rights Reserved.