心霊系の怖い話

【怖い話・心霊系】トイレでの心霊恐怖体験談4選

トイレの小窓の怪

和歌山在住のママですこの話は私がまだ6歳くらいの時に体験した話しです

私が生まれ育った家は昭和時代のほんとに古いアパートでした二階建てで全6軒あるんですが私達家族が住んでいたのは1階の1番道路側その家ではいろんな心霊現象があり他の家族は体験しているのかはわかりませんが私は何度かその家で怖い思いをしました

その中の1つですがある日夏くらいの季節外が段々暗くなってきたトイレに行きたくなり行きました

古いアパートなので昔ながらの1段上がってしゃがむタイプのぼっとん便所だったんですがその1段上がった時に6歳という事もあり目の前には小さい小窓があるんですがそこの小窓と私の顔が同じ高さになるんです

その日はたまたまその小窓が開いていたんですがそこに真っ黒の顔だけが同じ目線であったんですでもあきらかにおかしいんです外からその小窓までは2mくらいあるし顔の大きさからすると私と同じような子供なんですしかも隣の家の塀がすぐ前にあり木が植えてあるんですがその顔が若干透き通っていて顔の奥には隣の木が見えてるんです

怖くなってそのまま後ずさりのように1段下がり早々と家族の元に戻りましたでもまだ6歳という事もあり家族にはその事は言わずいましたが今でもあの光景は忘れません

(和歌山県 女性)

塾のトイレに住み着く魔物

私は小学生の時に塾のような授業の内容を復習する教室に通っていました

その教室は埼玉県にあり今もあるようです姉もそこに通っており姉を迎えに行く母について行っていた時のことです

授業終了後みんなでよく遊んでいたのですが、その日は鬼ごっこを始めました男子が鬼ということで女子は女子トイレにみんなで逃げました

しかし少し時間が経つと男子が追いかけてこないのもあり女子たちがトイレから出て行きましたそれでもどうしても捕まりたくなかった私と仲の良い一人の友達はトイレに残りました

トイレに人がいることがバレないように電気を消した状態で二人で待っていました

当たり前に誰も追いかけてこないので友達が少し出口に近づいたときに私の様子を伺うために一回振り返りました

その友達がすごく驚いき怯えた表情をして何も言わずに出て行ってしまいました

その子の表情が異常だったので何かあったのではないかと不思議に思い私は振り返りましたすると暗くてよく見えなかったのですが私の方を見る、赤い目の人私のすぐ後ろにいました

すぐにそこから走って出て行きました

友達が固まっていたので何か見た?」聞きましたもしかしたら気のせいかもしれないと思った私は見た内容を伝えずそれだけ聞きました

その子は偶然メモ帳を持っていたので絵を描き始めました

するとそこに書かれたのは目から血を流した女の人でした

確実に同じものを見たこともわかりその子が見たときはトイレの個室の入り口あたりでその子をすごく睨んでいたみたいなのですが私はそのすぐ見たのにも関わらず手を洗う場所にいた私のところまで来ていました

高校生になり同じところに通っていた違う友達と遊んでいた時に突然その幽霊の話をされ実は違う日に同じようなものを見たことがあると告白されました

何がそこにいるのかはわかりませんが確実にそこには何かがあり何かがいることは間違いありません

(埼玉県 女性)

友人が女子トイレで体験した恐怖

女性の友人の話です女子トイレで一番奥の個室に入るひとつ手前の個室の様式便座に小さな男の子がぽつんと座っていたそうです

便蓋を閉じた上に座って足をプラプラさせておりああママと一緒に入ってきたけど退屈で遊んで待ってるんだな友人は思ったのだそうですがトイレにはほかの女性の気配はなく間違って女子トイレに入っちゃったんだろう思い用を足して個室から出た友人

友人はそのときまだ便蓋に座る男の子にちらっと目をやったそうです

年の頃は小学34年生普通体型の男の子です何気なくその顔を見た友人はぎょっとしました

顔色が死人のように灰色で目も顔つきも死んだように無表情だったのだそうですがあまりジロジロ見ても悪いので手を洗ったりメイクポーチを取り出したりしてからふと鏡に映りこむ男の子を探してまた仰天

男の子は忽然と姿を消していたそうです出入口のドアは視界に入るほど狭く絶対に誰も出入りしていないですが女子トイレ内には人の気配すらなかったそうです

そもそもその男の子自体に人間らしい気配を感じていなかったことに気づいた友人は慌ててトイレを飛び出しました思い出すたびに震えがくるほど気配のなかった男の子

あれは絶対人間じゃない何かだった友人はそう話してくれました

(女性)

ダムのトイレで友人が見たもの

夏の暖かい日でしたみんなでドライブに行くことになり集まったのですが行く場所も決めず出発しました

しばらく走っていると後部座席に座っていた友人がこの近くに心霊スポットがあるよと言うので僕は内心行きたくはなかったのでさすが向かうことになりました

山の方へ向かっていき少し長いトンネルを抜けた途端に暖った風が急に冷たくなったのを覚えています車線の左側には池がありましたあとで友人から聞いた話ですがそこはダムのようでしたダムの横を少し走っているとトイレに行きたくなりでもこんな所で怖くて行けなかったですもう少し進んだ先に公衆トイレがあったので勇気を振り絞ってそこに停まってもらいました

一人じゃ怖くて行けないので友人についてきてもらうように言いトイレに駆け込みました用を足したあと友人が入ってきて僕の後ろを見て顔が青ざめていたので何事かと問いただしても友人は口を開くことはなかったですその後何事もなくドライブは終わったのですがその友人は帰りの車でも少し震えていてみんなに聞かれても返事することはありませんでした

(大阪府 男性)

-心霊系の怖い話

© 2020 不思議な話・恐怖心霊体験談