心霊系の怖い話

☆【怖い話・実話】 墓場から付いて来た私をうらやむ女の霊

これは、私が実際に体験した心霊現象です。それは7年前のちょうどお盆の時期でした。

当時、主人、私、娘(生後7ヶ月)の3人暮らしで、よくある2階建てハイツの一階に住んでいました。

お盆という事もあり、子どもが生まれてからは初めてのお墓参りに行く事になり、私の両親、兄弟、私達家族で行きました。帰りは温泉に入ったり、楽しいお盆休みになったな。と思っていました。

そしてお墓参りから帰宅し、その翌日から不思議な出来事が私の身に起こるようになったのです。

それは寝ていると毎日のように金縛りに遭い、金縛りから解放されて目が覚めると、必ず夜中の2時20分きっかし。これが約一週間続いたのですが、私は『疲れているのかもしれないし、こんなの、たまたまだろう』と思っていました。

ある日、主人が夕方から出かけた為、娘(7ヶ月)と一緒に久しぶりにお昼寝をしていると、また金縛りが。『また金縛りか。まあ、そのうちいつももたいに目が覚めるだろう』と思っていると、ゆっくりと誰かが私に近づいてくるのです。『どうしよう。金縛りで目が開けれない。動く事も出来ない。誰か助けて!』そう思った瞬間、両足首を掴まれ、足がどんどん宙に浮いていくではありませんか。

『な、なにこれ?早く目開いてー!』と私は心の中で何度も叫びました。すると突然、パッと目が開き、目が開いたのと同時に私の足が、フローリングに『ドンッ』と落ちたのです。

その音で一緒にお昼寝をしていた娘も泣き出し、私は感じた事のない恐怖にただただ怯える事しか出来ませんでした。

『もしかしてお墓参りに行った時に何かが憑いてきたのかもしれない』そう思った私は霊媒師さんに電話をし、一週間後自宅に来て頂く事にしました。霊媒師さんが来てくれるまでの間、なぜかお風呂がとても気持ち悪く感じていました。

そして一週間後、霊媒師さんが来て下さり、部屋の中を一通り見た後にお風呂の中を見ると『浴槽の中で寝てるわ』と。

その場ですぐにお祓いをしていただき、後から霊媒師さんの話を聞くと、やはりお墓参りに行った時に憑いてきてしまったとの事でした。

40歳ぐらいの女性で病気で子どもに恵まれず羨ましくて憑いてきてしまったという事。今まで霊や心霊現象など信じていなかった私ですが、初めてこのような体験をし、成仏できていない霊が本当にいるんだと身を持って体験しました。これが本当に体験した私の心霊現象です。

(大阪府 女性)

-心霊系の怖い話

© 2020 不思議な話・恐怖心霊体験談