宿泊施設系の怖い話

☆【怖い話・実話】 深夜の旅館で聞こえてくる笑い声

某温泉地の旅館での出来事何年か前に山梨県で法事があり家族と親戚で某温泉地の旅館に泊まったときの事です

その温泉旅館は老舗の立派な旅館で 家族親戚を併せて10数名居たので私達は離れの3部屋に宿泊しました

部屋には五右衛門風呂や中庭もあり風情のある良い部屋でした

故人の話をしたり懐かしい写真を一通り見て夜の11時過ぎには皆で眠りにつきましたただ私は元来旅館や日本的な部屋が苦手で少し怖いから眠れずにいましたそれでも無理矢理目を閉じて一時間以上が経った頃でしょうか私達の部屋の上から子供達の走り回るバタバタという音やきゃはははははという笑い声が聞こえてきました

私は上に泊まっている客の子供達が興奮して眠れないのかな親御さんも大変だ思いながら目を瞑り続けていました

また そこから少しして今度は離れの私達の部屋の廊下をバタバタと走り回りゃはははははと笑う声が聞こえてきてなんで子供がこちらの離れまで来て騒ぐんだろうと不思議に思いながらも煩いなぁ親御さんは何も言わないのかな迷惑だなぁと少しイライラしながら入り口の襖の方をチラッと見たりしていました

もちろん音は廊下でしているので見える訳がないのですがそのうち今度は内庭からザーザーという水が上から落ちるような小さな滝でもあるような音が聞こえてきて 庭には滝があるんだなボンヤリ庭の方を見ていると 更に廊下では笑い声と走り回る音が続いていて流石に何時だよ携帯で確認すると夜中の3時を過ぎていたのです

私は時間を見た途端あの子供達は生きている子供ではないのではという考えが過り急に物凄い恐怖が襲ってきて布団を被り耳を塞いで朝が来るのを待っていることにしました

明け方6時位になり早起きな叔母が動いている気配で早速 起き上がり昨日の事を話しましたすると私の妹も起き上がり 私も聞こえたここさ、2階はないし この旅館子供泊まってないんだよねそれを聞いて私は青ざめやっぱり生きている子供達では無かったんだと改めて恐怖が込み上げてきました

私は恐怖にひきつりながらもそういう事もあるんだねなんて言いながら部屋のカーテンを開けて庭の滝も煩かったね夜中は止めて欲しいねと言いながら庭に目をやるとそこには滝など無くこじんまりとした日本庭園があるだけでした

(神奈川県 女性)

-宿泊施設系の怖い話

© 2020 不思議な話・恐怖心霊体験談