居住系で体験した怖い話

☆【怖い話・実話】 新築マンションで起こってしまった心霊体験

宮城県のとある山あいにあるマンションでの数々の出来事です新築で入居したそのマンションはとても綺麗で心霊現象とは無縁だと感じるくらいでしたしかしそれは徐々に起きるのです

 

引っ越してしばらくはベッドが届かないため部屋の真ん中に布団を敷いて寝ていましたすると毎晩金縛りにあい髪の長い老婆に首を絞められるのですそれは起きてからもハッキリと感覚が残っていましたベッドが届くまで一時間毎晩続きました

 

他には布団で昼寝をしていた時は急に人の気配を感じ目を開けましたするとオカッパ頭の女の子が私を覗き込んでおり目が合ってしまったのです

 

嘘だと思い目を閉じ再度開けた時には女の子はいなくなっていました

 

また寝ていると首の上を小さな人が何人か歩いている感覚がありましたむにっと踏まれている感覚です

 

ベッドが届いてからもおかしな現象は続きました夜中に洗面所の前を通ると洗面所からおやすみ女の子の声がするのですトイレの前を通るとあぁという唸り声が聞こえることもありました

 

一番よく霊が出現したのが風呂場です鏡が付いていましたが絶対に見てはいけないような感覚になることが何度もありました後ろに人が立っている気配がすることも

 

家族でおかしいと話し合い写真を撮りましたするとリビングには十数体の霊が風呂場にはハッキリと落ち武者の霊が写っていました

 

あとから聞いた話によると裏山は大昔に首刈り場だったそうです

 

本当かどうかはわかりませんがあのマンションには確かにこの世の人ではない何かがいました

 

(東京都 女性)

-居住系で体験した怖い話

© 2020 不思議な話・恐怖心霊体験談