憑依系の怖い話

☆【怖い話・実話】 不可解な現象が起こったため除霊・お祓いをした話5選

土地にしがみつく地縛霊に取り憑かれた体験談

今から6,7年前、私が高校生二年から三年にかけての事です。石川県の一軒家に父親母親兄私の四人と愛犬2匹と住んでいました。初めて心霊体験したのが自分の部屋で寝ていた時の事です。

その日は金縛りに初めてなり、金縛りは声も出ない体も動かないだけだと思っていたのですが、私の場合耳もおかしくなって例えるなら、ボイラー室内や換気扇の音を近くで聞いているような激しい音がずっと聞こえていました。

とても怖くなり何人もの視線も感じ、でもこういう時は弱気になったらダメだと思い、「もう鬱陶しいからやめろ」「南無阿弥陀仏」を繰り返し心の中で言っていいた瞬間、私の耳元で男性の低い声がしました。

低すぎて何を言っているかは分かりませんでした。

声が聞こえてからは金縛りが解けてすぐに父母がいる寝室に泣きながら言ったのを覚えています。その体験をしてから二日に一回は金縛りになるようになりました。畳の部屋で寝ていた時は畳の上をずり足で私の頭の周りをぐるぐる回られたりとか、小さい女の子のような声で「あけて」と言われたりとか様々なことがありました。

さすがにおかしいなと親も理解してくれて、石川で有名な霊媒師のところに行きました。

結果は家族みんなに憑いている。家が元々沼地で風水的にも悪い所だ。その土地にいる地縛霊、だと言われました。

それでちゃんと除霊?みたいなのをしてからは嘘みたいにすっぱり無くなりました。

元々原因不明な体調不良に半年間悩んでいたわんちゃんの身体もそこから良くなっていきました。今では愛犬が家族の事を守っていてくれていたのかなとも思います。体験しないと信じられないとは思いますが全部本当な話で、もうこういう体験は二度としたくはありません。

(石川県 女性)

運気が下がっている時に除霊を体験

ちょうど5年前の話ですまだ慣れない仕事に悪戦苦闘しながら頑張っていたたなにをやってもうまくいかない彼氏にフラれるわ峠道で事故に遇うわですごく大変な時がありましたちょうどそんなとき義理の姉によくないことが続いているので除霊してくれるところを紹介してもらいました

そこは地元では有名で県外からも噂を聞き付けて除霊をお願いしにくる方がいる程でした霊にとりつかれているという自覚がなかった私は半信半疑でしたが高額な料金を請求されるということはなく気持ちばかりのお金でよいということだったので試しに言って見ました

行くと数名が並んで待っており30分くらい待ってから中に案内されましたしばらくお経のようなものを読んでもらい手を合わせながら聞いているというシンプルなものでしたが終わるとなんとなくスッキリしたような気がしました

レベルの低いものが憑いていましたよ!?それってどんな?』聞くと出た霊に興味を持ってはいけないよ諭されそこを後にしました

それからしばらくは運気あがらないな除霊の意味がなかったのでは?思うことがありましたが少しずつ運気が上がって落ち着いた日々を過ごすことができました最近は少し運気も落ちぎみなのでもしかして?思っていますがなんでもかんでも霊のせいにしてはいけないですねですが不思議これを書き上げるのに時間がとてもかかりました頭痛が増したりカーソルが言うことを聞かなかったり不思議なことはたくさんあるものです

(長野県 女性)

連日続く謎の体調不良 除霊体験

僕は風邪を引いてこれはてても治らないと病気に行きました診察は滞りなく終わったのですが体のだるさと寒気が増したようでした具合の悪さが限界を越えてそのまま気絶をする様に眠りつきました

そして夜中に息苦しくて目が覚めると体の上に子供が乗ってジッっと見ていたのですビックリして声を出そうとしても声は出ず体も動かないなんとか頭だけ動かすと横にも女の人の顔があってこっちを見ていたのです

パニックとなり思わず上の子供に対して「離れろ!」声は出ないですが叫びましたそれでもどうしようもないので目を瞑って心の中でお経をあげました

気絶したのか気づいたら朝を迎えていましたしかしその時は具合が悪くて酷い夢を見たと思ったぐらいです

自分の左腕には強い力で握られたような指の跡がありこんなに痣が出来るぐらいに握らればそれは金縛りに逢う夢も見るよなと思って笑ってしまいました

風邪は全然よくならないのでその日も寝て過ごしていたら夜中にまた金縛りになったのです昨日のことがあったので怖くて目が開けられません目を瞑って怯えながら心の中でお経を上げ続けました

そして朝を迎えてこれは本物だと気付きましたこれはダメだと実家の母の所に行きました母は僕を見るなりあんた何処に行ってきたのそこを動かないでと言って数珠と塩を持ってきてお経を上げお祓いをしてくれました

母は昔から霊感がありある程度ならお祓いが出来るそうです具合が悪いのでそのまま実家で療養することに連日お風呂にも入っていなかったことに気づいて服を脱ぐと肩も体も指跡だらけであのままだったらどうなっていたか怖くてたまりません

お祓いの後は体調も良くなりました。

(福岡県 男性)

数々のポルターガイスト現象を起こす家

実家近くの公園はとても広く自然が多いのですが、幽霊が出ると有名で実際に自殺した人が複数人います。そのことが関係しているのかはわかりませんが、小学生の時に留守番をしていたら、外に誰もいないのに壁を叩く音や、いきなり物が落ちてきたりする現象が起こりることがありました。

そして2回ほど、深夜に目が覚めると金縛りに遭いました。実際に霊は見たりはありません。

一番怖かったのが、やはりポルターガイスト的な物音や物が落ちることで、私しか体験したことがなく余計にそれが怖かったです。そのため、なるべく1人で居たくないので友達の家に行き、時間をつぶしたりして帰宅していました。また親がいると不思議とそのような現象は起きません。

そのような現象が続くので親にも話すと、神社のお祓いを頼むことになり、祓ってもらいました。

その後は音も聞こえなくなり、平穏になったのですが、いつも同じ夢を見続けました。それは壁を叩く音で、ほぼ毎日、中学を卒業するくらいまで続きました。しかし卒業するとパタリとなくなり、今は何もありません。

(女性)

妊娠中にだけ怪奇現象が多発して除霊した体験談

3年前、妊娠期間中に体験した話です。

出産予定日は8月の半ば辺りで、安定期に入ったあたりから家の中に違和感を感じるようになりました。それは私だけではなく夫や私の父も感じていました。

初めは気のせいかなと思い、気にしていなかったのですが、出産予定日に近づくにつれて、物音や触ってもいない者が落ちたり、階段の登る音が聞こえ部屋の前で足跡が止まり、ドアを開けると誰もいない、などの妙な体験をしました。

そして私が切迫早産で3日ばかり家を離れてた時は壁に固定していた落ちるはずもないボードが夫をめがけて落ちてきたり、鈴の音がずっと鳴っていたりもしたそうです。

退院後、お腹が張って痛いと思い寝返りをうった時に部屋の扉がガタガタと激しく揺れ、これはダメなやつだと感じ、気づかないことにして寝ました。

出産後、家をお祓いしてもらうことになり、それ以来は何事も起こっていません。結局原因はわからずです。

(岩手県 女性)

-憑依系の怖い話

© 2020 不思議な話・恐怖心霊体験談