霊障系の話

☆【怖い話・実話】 新築住宅で起こった心霊怪奇現象2選  

新築なのに怪奇現象が起こった

自宅を新築して暫くしたころ、家族と1階のリビングでくつろいでいると、誰もいあに2階から誰かが走っているような足音がしました。気になり見に行ってみたのですが、やはり誰もいません。

また他に日に寝室で寝ていたのですが、寝室の扉が勝手に開きました。閉めてもしばらくするとまた開くので、子どもがイタズラしているのかもと思い、見に行くと子ども達は寝ていました。

このような状況が続いたので、隣の住人にそのことを話すと、隣の家でも同じような現象が起こっていると話されていました。さすがにこのままの状態には出来ないということになり、隣の住人が知っているという霊能力者に視てもらうことにしたのです。

結果、隣の家と、うちの間には霊道が通っているとのこと。そのため様々な霊がイタズラをしていたようだと。しかし悪い霊ではないが、このままにしておくと悪い霊も住み着く可能性があるようで、お祓いをしてもらいました。

それからは、今までの現象は全く無くなり、過ごすことが出来ています。

(岡山県 男性)

新築のお風呂場で起こる不可解な現象

2005年私が中学二年生のころの話です私は生まれ育った家から介護のために建て替えをした祖母の住む家に引っ越しをしました

もともとたまにポルターガイストにあったり何か妙なものと目が合ったりと霊感体質ではあったのですが特に誰にも相談せずそんなものかという感じで受け流していました

引っ越してすぐの時です私はお風呂に入るときにリラックスのために電気を消して湯船に入る習慣がありましたその日もいつものように電気を消して湯船に入ると目の端で何かが大きく動くのが目に入りました

驚いて急いで横を向くと湯船の反対側にあるタオル掛けに掛けてあるボディータオルがまるで人が持ち上げて放すように重力に反してスッ持ち上がりパッ落ちる動作が繰り返されていました風の仕業とかではない明らかに人が動かしているような動きでしたあまりに驚いてどのくらいの回数繰り返されたかの記憶がありませんが逃げるように風呂場から出て再度タオル掛けを見るといつものように何の変哲もないタオルがぶら下がっていました

後日新築の家だったため厄除けのような儀式のためにお坊さんが来て各部屋を回りお経のようなものを唱えて回っていたのですが例のお風呂場でお経を唱えた時にふっと光の玉が浮かんで消えるのが見えました

声を出さずに心の中で少し驚いていると突然お坊さんが振り向き見えましたか一言突然見透かされたことにびっくりしてうなずくとこれで今日からは大丈夫ですよお坊さんは仰りました

いままで心霊現状は間違いや勘違いの類だと思っていましたがこの一件から不可解な現象を信じざるを得なくなりました

あれからお風呂場では不可解な現象を見ることはなくなりましたお風呂場ではですが

(東京都 女性)

-霊障系の話

© 2020 不思議な話・恐怖心霊体験談