九死に一生な話

☆【九死に一生な話・実話】 地震で九死に一生な体験談2選

阪神淡路大震災でタンスが倒れてきて潰されそうになった体験談

ありがちで恐縮ですが地震の際の九死に一生です場所は兵庫県時期は1995年1月17日そう阪神大震災です私は当時中学生でした前日から珍しく風邪をひいて熱を出しており薬を飲んで早めに寝ました次に目を覚めたのは母親の叫び声でです

すでに地震は発生した後で母は離れた部屋に寝ていた私の無事を確かめるべく叫んだけれども返事がないので死んだと思って半狂乱になっていたそうです

私は布団寝ておりその部屋には洋服ダンス2竿と勉強机がありましたそれが倒れてきて私の体を押しつぶしたのかもと思ったそうです

実際にタンス私の体の上に倒れてきていましたしかし反対側にあった机の引き出しが飛び出してそのタンス受け止める形になっていたようです

それよりなにより怖かったのは、タンス上に置いてあった木彫りの置物が転げ落ち私の顔の真横にありました

本当に真横顔との距離は10センチもないほどです恥ずかしながら私は寝相があまりよくないもので体が布団から飛び出ていることも少なくないのですがその日は冬でしかも薬を飲んでいたので眠りが深かったのか寝たときの位置とほとんど変わっていなかったために助かったのだと思います

(東京都 女性)

日本海中部地震で目の前にシャンデリアが落下し九死に一生体験談

青森県在住です昭和58年の日本海中部地震の時の事なので36年位前でしょうか当時まだ10ヶ月の娘と2階の部屋にいました娘は隣の部屋のベッドですやすや眠ってましたところが突然ガタガタ揺れ始めて驚きました

地震だすぐに娘を抱っこして下へおりようとしましたが階段がユッサユッサ揺れて娘を抱っこして降りることなどとても無理です家の階段は板と板の間が抜けていて向こう側が見えるタイプなので特に揺れがひどかったんだと思います

下へ降りるのはあきらめてソファーのある方に移動した瞬間天井のシャンデリアが目の前にガチャーンと落下したのです

0.1秒移動が遅かったら下敷きになってたかと思うと心臓がバクバクしましたまだ揺れは続いてます

今度はテレビ台からテレビが落下しサイドボードの中のグラスやカップもガチャガチャ転んで割れました本棚の本も次々に落下窓から外を見ると電線は激しく揺れ砂ぼこりがすごく舞い上がっていました

このまま娘と一緒に死ぬのかなあという思いが頭をよぎりました下から義父が私の名前を叫んでるけど動けないのですしばらくしてようやく揺れがおさまりました

幸い私も娘も怪我は無かったですが目の前にシャンデリアが落ちた時は本当に死ぬかと思って体が固まりましたタンスや本棚等も近くにあったのに倒れなかったのも幸運でした

当時は地震に対する知識があまりなかったのですが考えてみると窓の近くにいたのはとても危険だったという事ですもしその窓ガラスが割れていたらと思うとゾッとします

その娘ももう結婚して女の子がいますつい最近も地震がありましたがその時の事を思い出して当時の事を娘に話しました今の時代はスマホに警報が来て少しは準備する時間があるので少しでも安全な所身をおきたいですね

(青森県 女性)

-九死に一生な話

© 2020 不思議な話・恐怖心霊体験談