九死に一生な話

【九死に一生な話・実話】 スノーモービルのブレーキが利かなくなり転落体験

今から15年前専門学校を卒業した牛の世話をしたくて北海道で酪農家のお家で住み込みで働く事を決めました3月に卒業して4月に北海道に向かい早速行ったその日から仕事が始まりましたさすが酪農だけあって行ってすぐの仕事と初めて顔を合わす大家族との生活は最初は戸惑いましたがこれも修行だと思い自分の選んだ仕事をきっちりやろうと思いました

北海道へ来てから1週間初めてのお休みをいただいて一緒に北海道へ来た友達も隣の牧場で働いていたのでスノーモービルで遊ぶ事になりました慣れない生活の中で初めての休日はとても解放的でとても楽しみにしていました

友達と2人乗りでスノーモービルに乗りまだ雪の残る4月の牧草地を駆け巡りました

友達が運転アタシは後ろに乗って風を切って走るスノーモービルは最高でしたしかし途中から友達の様子がおかしくなりました

スノーモービルはどんどん加速して今までにないスピードで滑っています

友達にどうしたのか訊ねるとブレーキが効かないと焦っています

まさかとは思いましたが次の瞬間には記憶が無く記憶が戻ったのは牧草地の中を流れる小さな川の中でした

アタシは慌てて起き上がり友達の様子を見ましたどうも友達は動く事が出来ないようでアタシは自分が何ともなかったので歩いて助けを求めに行きました

履いていた靴が川に落ちた時に無くなってしまったので裸足で雪の中の牧草地を歩きました

途中視界が赤く感じ何か分からなかったので気にしないでいたのですやっと近くにいた人に助けを求めて車の窓に映った自分の顔を見たら額がパックリと切れていました視界が赤くなったのは自分の額から流れる血でした

その傷を見た途端に額が激しく疼きだしとても立ってはいられなかったです

とりあえず助けを呼べるのは自分しか居ないという責任とアドレナリンの放出でさっきまで何も感じていなかったのに安堵したとたん激しい痛みにおののきました

その後友達も救出されアタシも病院に連れて行かれました

北海道へ行って1週間した経ってないに死ぬ思いをした経験でした今でもアタシの額には勲章の様にキズ跡が刻まれています

(埼玉県 女性)

-九死に一生な話

© 2020 不思議な話・恐怖心霊体験談