偶然系の不思議な話

☆【不思議な話・実話】 数字にまつわる偶然エピソード3選

私にとっては良くない日

良くない小学校の遠足の3日前の11月1日に学校の前で上級生が交通事故に遭ってしまいました

その子は助からず遠足は中止になりました

担任の先生の誕生日でもありましたがお祝いすることが出来なくなったそうです

中学の大親友の誕生日も11月1日で毎年プレゼントを贈ったりどこかへ出かけたりと楽しく過ごしていました

しかしその後彼女は長期入院の必要な病気になってしまい誕生日が祝えなくなりました

面会も制限されてしまっているからです

偶然とはいえ私の中では11月1日はあまり良くない日で毎年なんとなく落ち着かない気持ちになりました

大人になってもこの日は良いことが起きないのです

注意してこの日を過ごすようになりましたが入院していたおばあちゃんもこの日に亡くなりました

不思議な力で呼ばれているような気がしました今でもこの日に良いことが起きたことはなく注意して過ごすようにしています

(沖縄県 女性)

目に付いた数字

数字に守られているという表現聞いたことがありますかふと偶然目に飛び込んできた数字が自分にとって意味のある数字だということが重なると数字に守られている言われているそうです

どんな風に守られているのか私にも正直なところ分かりませんが以前このようなことがありました

まず1つ目私には同じ職場に好きな人がいましたある同僚と雑談をしていたらその人が結婚すると聞きましたしかも私の友人とです

2人は長い間秘密で付き合っていましたその話を聞いた内緒にされていたことと失恋したことの悲しさで人知れず泣きましたそのふと目の前にあった車のナンバーが好きな人の誕生日の数字でした

なんでこんな時にも私の目の前に現れるのだろう切なくなりました

2つ目私は仕事で失敗し失業することとなってしまいました養っている家族がいてこれからの生活費を賄えるのか途方に暮れながら会社からの帰り道を運転していましたその時にも車のナンバーが目に飛び込んできました

2人の子供と夫の誕生日の数字がナンバーである車です

連続ではないけれど少し走って遭遇また少し走って遭遇というように帰り道で3台とも目撃しました

この2つの出来事には意味があったのかな今でも不思議です

1つ目のお話の2人はその後離婚、2つ目のお話の後にはその時よりも年収の高い仕事に就くことができました

数字に守られているってやっぱりどういうことなのか分かりませんが人生はなるようになるんですね

(女性)

6の倍数

現在は大阪府に住んでいるのですがまだ兵庫県に住んでいた大学生ときのお話ですあるアルバイト先の仲良いメンバーで兵庫県三宮にある占いに行くことになりました

就職活動真っ只中だった私は就活が上手くいくのか占ってもらいましたというのも当時大学の研究活動が忙しくて就活があまり出来ていなかったことと面接がとても苦手だったこともありほとんど就活をしていない状態で将来に不安を感じていたからです占いの結果は就職活動は上手くいきます6の倍数に縁がありますというものでした

まず就職活動が上手くいくという一言にとても安心したことを覚えています

私が不思議な体験だと認識したのはこの先です

占いからちょうど6週間後に記念くらいの意識で選考に申し込んだ企業から書類審査通過と一次面接の連絡がありましたおっとは思いましたがそこそこの大企業で学歴重視ため理系で学士卒は採用されにくいというデータがありさらに自分自身とても面接が苦手なこともあってすごく自信がありませんでしたただ連絡が来たのが6の倍数に関係していることを知って占いで言われたから縁がある周囲に言いふらしているとなんだか本当に縁があるような気持ちになり心配していた面接も自信がついて人事担当が驚くほど1次面接も最終面接も盛り上がりました

結果は合格

現在もその企業に勤めていますが合格連絡があったのは占いからちょうど18週間後でした

占いも当たって凄いとは思いましたが就活は6の倍数に縁があると言い続けた結果かと思うと言霊を信じずには居られません

(大阪府 女性)

-偶然系の不思議な話

© 2020 不思議な話・恐怖心霊体験談