心霊系の怖い話

☆【怖い話・実話】 条件のいい物件を見に行ったら事故物件だった体験談

更新日:

今から15年程前に主人と付き合っている頃、同棲生活をスタートするためアパートを探していた時の話です。私は少し霊感があるようでこれまで霊を見たり感じたりの経験がいくつかあります。

その日は主人と一緒に不動産屋に行き、値段も予算内で角部屋、最上階といったとても良い条件の物件があり見に行くことにしました。

不動産屋の車で現地に到着すると、そこは5階建てのお世辞にも綺麗だとは言えない外壁の大きなマンションでエレベーターもありませんでした。その時はエレベーターもないし、古いマンションだから賃料が安いんだなと思いました。そして不動産屋さんが突然、4階の部屋も空いていると言うので途中寄って行くことに。

そこの部屋はなんてこともない部屋でとくに違和感もなかったです。そして目的の5階の部屋へ向かいました。

不動産屋さんの案内で中へ入り、スリッパを出してもらった瞬間、不動産屋の後ろに茶色いロングスカートを履いた背の高い女の人がスッと通って消えました。一瞬私は固まりましたが、とりあえず上がってみることにしたのです。

先ほどの4階の部屋とは違い内装がリフォームされており綺麗な造りになっており部屋は悪くはなかったのですが、先ほど女の人が通って行った向かった先のところからお線香の匂いがして、主人と不動産屋さんに聞いてみたのですが、匂いはしないと言うのです。私だけがはっきりと匂いを感じ取ってしまいました。きって先ほどの女性の匂いだと思います。

そんな感じの部屋ですので私は主人に気が進まないと伝え、部屋を出る事に。

部屋を出ようとするときに浴室を通るのですが、お風呂場のドアが少し開いており中に先ほどの女の人が宙ぶらりんに浮いていました。おそらく女の人があの部屋で首吊り自殺したのだと直感でわかりました。

そして部屋を出てみると、すれ違う住人が外国人の人が多かったです。もちろんその物件はやめたのですが、不動産屋さんにそれとなくあんなに安い物件なので事故物件なのではと聞いてみると、あっさり「実はあの部屋で自殺があったんですよね、なので4階の部屋を案内したんです。」と。今でこそ事故物件は事前に教えてくれますが、当時はこちらから聞かないと教えてはくれませんでした。

その後もあの物件が気になりネットでしばらく見ていたのですが、入居が決まった感じもなく、このマンション自体に空き部屋が結構あり、他の部屋も何かあるマンションだと思います。

(神奈川県 女性)

-心霊系の怖い話

Copyright© 不思議な話・恐怖心霊体験談 , 2020 All Rights Reserved.