北海道心霊体験談

【北海道心霊怪談】 北海道北見市鎖塚で実際に起こった書き換わるカセットテープ

更新日:

今から20年ほど専門学校生だったころ夏休みで北海道の地元に帰省していた時の事です

その日は高校の部活の同級生6人で遊んでおり友達の家でゲームをしたり話をしたり楽しく過ごしておりました

遊びに夢中になり、すっかり夜も更けてしまい、みんなお腹が減ってきたので6人でファミレスに行くことにしました

食後先日見たテレビの心霊現象の話で盛り上がり、と言うのもその内容は地元であったため友達みんなが見ており各々が知ってるそこの場所の噂話で盛り上がっておりました

そこは囚人が作った道路で鎖塚と言われている地元ではかなり有名な心霊スポットであるのですが国道の峠でもあるので交通量はかなり多い道路でもあります

テレビでの内容は峠の頂上を過ぎた時に急にエンジンが停止しておかしいなと思っていたら勝手に車が坂なのに上り始め見ると無数の手が車の窓ガラスにあったというオーソドックスなものでした。しかしまだまだ怖いもの知らずの若者だったため車2台に分かれてその場所へ向かうことにしたのです

その峠の頂上までは地元といっても1時間半以上は走ります

車中は怖い話や雑談などで盛り上がりながら走って行きました

車中は当時カセットテープだったためずっと同じテープが繰り返しかかっており、60分テープでした。それはアルバムをダビングしたものでイエローモンキーの曲だったと思いますそのまま2台の車は峠の頂上に到着し車から降りてもう一台の友達となんもないねーなどと話をして日付も0時が過ぎていたため帰ることにしたのです

帰りは疲れも眠気もありあまり会話は弾まず静かな車中でずっと音楽がかかっていました

峠も中腹を過ぎたころ突然音楽が雑音と共に切れました

3人はあれ切れたか絡まったかと思い取り出しを押そうとしたら〇〇〇ー自分の名前を呼ぶ声が聞こえました

3人は完全に黙り込みそのあとは普通に音楽が流れ始めました

今の一人が口を開き一度車を止めテープを巻き戻してみましたそして再度再生をすると全く同じく自分の名前を呼ぶ声が入っています。はっきりと呼ぶ男の声でした。

そのもう一台が追いつき説明をして6人でもう一度聞くも同じ状態です

もちろん車のステレオなので録音機能はなく完全に怖くなりカセットは取り出しその場で思いっきり外に投げて帰ってきました

特に自分の身に悪いことは何もないが遊び半分で霊魂のいる場所へ行くものではないと思った日でした

(北海道 男性)

-北海道心霊体験談

Copyright© 不思議な話・恐怖心霊体験談 , 2020 All Rights Reserved.