看護師・医療機関関係者が体験した怖い話

☆【不思議な話・実話】 病院の仮眠室にまつわる不気味な体験談3選

仮眠室に入ってきたのは誰?

誰もいないベッドからナースコールが鳴る病室の水道が突然流れ出すというのは私の経験としては日常茶飯事にありますもはや恐い話でもなんでもない状態です()これは私ではなく同僚の話です

私の職場は夜勤が16時間あるため交代で仮眠休憩の時間がありますその日の忙しさにもよりますが23時間程度ベッドに横になって休みます

私の病棟では物品置き場もかねている個室に仮眠用のベッドがありそこで寝ていました

ある同僚が眠休憩に入りそろそろ業務に戻る時間かなと思いつつまだウトウトしてきたとき仮眠用の個室の入り口の扉が静かに開きましたドアの内側にはカーテンがかかっているのでドアが開いただけではベッドに寝ている状態から誰が入って来たかは分からないのです

ただ先に行ったようにちょっとしたストックなどの物品置き場もかねている仮眠用の個室なので一緒に夜勤をしている他のスタイルが緊急で物品を取りに来たのだと思いあまり気に留めなかったようでした

仮眠終了後他のスタッフにこのことを尋ねますが誰も仮眠室には行っていないと

それがほぼ時期に他の看護師も経験していたことが後で発覚しました

この経験をしたこの看護師2名はそれからは絶対に仮眠室では寝たくないと拒否しています

(女性)

嫌な気配

20年くらい前になりますが医院の夜勤中で仮眠をとっていたときに体験しました休憩室の入り口入ってすぐ横にベッドがあり夜勤中はそのベッドでみんなが仮眠をとるようになっていましたその日は私が夜勤でしたが仮眠の時にいつもと違った感じがしました

いつも横向きで丸くなって眠るのですがなかなか寝付けなくてようやく眠りに着く頃に体がじわじわ暑くなるのを感じてすぐにどこからか何かの気配みたいなのを感じました

人は誰もいないし休憩室のドアもしまっているのにドアの方から誰かが近づいてくる感じがしました

目を開けようとしても目があかず急に頭をぎゅっと押さえられたかと思ったら上からどしっと乗られた感じがしました何が起こったのかわからず身動きも取れず助けと叫びたくても声すら出ませんでした体に乗られて重たい感じがしましたがそれ以外は何もなくしばらくしてスーッと体が軽くなり身動きができるようになりました

目も開けれたと思うのですが怖くて朝まで目が開けられませんでした

その時の体験はなんだったのか不思議です忘れもしません今でも思い出すと怖いです夜勤中はまた同じことが起きるのかと不安でしたがその一回きりでした

(愛知県 女性)

開かなくなった病室 怪奇現象

私が勤務している病院は1病棟4人体制で夜勤を行い、23時30分から1名、1時30分から2名、3時30分から1名ずつ交代で仮眠休憩に入ります。

2年目に入った頃のある夜勤での出来事です。

1番休憩から出てきて、2番休憩に入る先輩看護師のうち1名(Aさん)が、仮眠室は怖くて休めないから空いている個室の病室で仮眠すると言い、個室のカギを持って休憩に入りました。しかし、30分後にその先輩が「カギが閉まって入れない」とナースステーションに戻ってきました。

個室の扉はカギで開け閉めするか、中からじゃないとカギを閉めれない仕組みになっており、私ともう一人の先輩でAさんがカギを無くしたのかな?と思っていました。

しかし詳しい話を聞いてみると、先輩は夜食を家に忘れたらしく、病院の1階にある食べ物が買える自販機に携帯と財布を持ってカギを個室に置いたまま閉めずに買いに行ったと言います。

その後3人で個室に行ってみると、Aさんが「あれ?電気点いてる。消して行ったのに」と。それを聞き開けようとしますがやっぱり開かず、閉まったまま。もちろん中から物音もしません。

急いでスペアキーがないかナースステーション中を探しましたが見つからないので、守衛さんを呼び、なんとか開けることができました。

部屋の中にはいるともちろん何もありません。「なんで中にカギがあるのに閉まったんだろうね」と3人で「怖いね」と話しながらその場は収まりました。

翌日、私は「扉の建付けの問題かな」と思い、個室の扉を何度も開け閉めしてみましたが、カギはかかることはありません。

先輩Aさんが使用した個室は重症個室と呼ばれ、状態が悪い患者さんが入られる個室でした。もちろん今までに何人もの患者さんがお亡くなりになっています。

このことは5年経った今でも当時の先輩方との思い出話として話すことがあります。

(愛知県 女性)

-看護師・医療機関関係者が体験した怖い話

© 2020 不思議な話・恐怖心霊体験談