看護師・医療機関関係者が体験した怖い話

☆【不思議な話・実話】 病院のエレベーターにまつわる心霊体験7選

更新日:

霊安室まで勝手に行ってしまうエレベーター 怪奇現象

私の務めていた病院は地下に霊安室がありその上の階に病棟があるのですが無人のエレベーターが私たちの病棟まで来て、開いて勝手に地下まで戻って行くという現象がありました

必ず深夜3時位にチーン♪という音と共にドアが開くので気づきます

ナースステーションもエレベーター前にあるのでエレベーターがどこに行くかてたら分かりました

無人のエレベーターは必ず地下まで行くのです

霊安室を使用していない日に起きてました当時はエレベーターがまた来たよーなんて言ってましたが思うと結構怖い現象だったと感じました

(福岡県 女性)

不気味な屋上

古い病院で、精神科病院の老人病棟に勤務していました精神科の患者さんが高齢になりそのまま老人病棟に来るという流れの方が多いです老人病棟なので亡くなる方は多くおられました

怖がりだった私は夜勤で見回るのも怖かったですが病棟の洗濯場まで行く必要がありました老人病棟ですので汚染の衣類やシーツを屋上の洗濯場まで持っていく必要があります。いつも行くのは朝の4時30分5時くらいです冬は真っ暗です

エレベーターで五階まで上がって行き、古いエレベーターのため不気味にギシギシと音をたてます

エレベーターが開くと屋上まで続く階段があり、出たところに電気があるのでいつもすぐにつけていました

屋上に続く階段の前を通って角を曲がり洗濯場があります窓もありベランダが見えます洗濯場の電気は洗濯場に入った所にあります

私はいつも通り汚染された衣類が入ったバケツを持って水道のところで擦り洗いをしていましたいつもバケツをワゴンに乗せて行くのです

怖かったのでエレベーターの入口にワゴンを置いてすぐにエレベーターに乗って行けるようにしていましたそのためエレベーターは閉まるとワゴンが挟まりまた開いてまた閉まるとワゴンにあたりまた開いてを繰り返していました

結構ガンガン音がするのですがエレベーター待ちをする時間が怖かったのでいつもそうしていました

いつも通り擦り洗いが終わり帰ろうとしたときそういえばワゴンが当たる音がしないと気づきました洗濯場からエレベーターは角を曲がるためワゴンは見えない状態です静まり返った洗濯場で非常に怖くなり恐る恐るエレベーターのところまで行きました戻るにはエレベーターに乗るしかありませんので

ワゴンはありませんでした一階までに降りてたのです

ワゴンは確実に扉の真ん中に置きましたし一階ボタンを一体誰が押したのか

でも不思議です

レベーターが開くとワゴンが中にありました

私は急いで病棟に戻りました他のナースに聞くと屋上で昔は転落等良く事故があったそうです

(兵庫県 女性)

深夜のエレベーターから降りてきた心霊集団

これは私が小学生の時の体験談です私は喘息を持っており小学生の時はしょっちゅう入院をしていました元々霊の類が苦手で特に夜は苦手でしたしかし完全看護のその病院は親が泊まることを禁止ており夜はいつも怯えながら寝ていました

そんなある日の夜です急に喉が渇いたのでジュースを取りに行きました当時はベッド横に冷蔵庫はなく共同の冷蔵庫がミーティングルームにあったのです消灯後の廊下は怖かったのですが勇気を出して向かいました

正確な時間は見ませんでしたが0時は過ぎていました

無事ジュースまで辿り着き自室に戻ろうとした時でしたチーンエレベーターが泊まる音がしたのです最初は看護師さんだと思い怒られそうな気がしたので身を隠しました

しかしエレベーターから降りてきたのは看護師ではありませんでした

全身黒づくめの服を着た男女数十名でした

女性は帽子を深くかぶっており男性は顔がよく見えませんでした最初は誰だろ好奇心が湧いたのですがそれが一気に恐怖心に変わりました

なんと体が空けていたのです

泣きそうになりましたその人たちはある病室に入っていきそれを見て急ぎ足で部屋に戻りましたあれは死者のお迎えだったのでしょうか今でも真相はわかりません

(宮城県 男性)

亡くなった椅子の患者さん

私がまだ看護師になったばかりの話になります。最初に勤めていた病院はかなり古く、最近の総合病院という雰囲気ではなくいかにも昔の病院と言うような薬品の匂いがする独特な感じでした。また地元では幽霊が出ると有名な病院でもあったのです。

私は霊感はないので気にせずに勤務していましたが、それでもやはりたくさんの体験をしました。その中でも一番すごかったのは話を紹介させていただきます。

その日は忙しく、夜勤で病棟に上がろうとエレベーターに入り込み、扉が閉まりそうになったその時、見覚えのない車いすの年配の患者さんが来たので、すぐに開ボタンを押しました。開いたので「すいません」と言って乗り込んで、何階ですか?と行った瞬間にもう消えていました。

消えてからよくよく考えたら以前に亡くなった患者さんによく似ていて、同僚も廊下で会釈するそのおばあさんをよく見かけたそうです。

(大分県 女性)

勝手に上昇下降を繰り返す怪奇なエレベーター

以前勤務していた大阪府内の病院での体験談となります。時間は夜の8時くらいだったと思います。その日は夜勤をしており、エレベーターで下の階に行くため、乗った時に起こりました。

私がエレベータに乗り、指定した階まで下降したと思ったその時、到着したはずなのに扉が開かず。そしてUターンするかのようにそのまま上昇してしまいました。そしてそのまま上昇と下降を繰り返してしまい、私はしばらく降りることができなくなってしまったのです。もちろんボタンを押しても反応はありません。

エレベータ内は後ろは鏡張りなっていますが、後ろを振り返る勇気もありません。ただひたすら階数を表す電光掲示だけを見つめて過ごしていました。しかしこれで済まなかったのです。

エレベーター内は私一人のはずなのに、耳元から何かささやくような声が聞こえ始めたので、思わず手で振り払ってしまいました。ほどなくして、目的の階ではないエリアに停止して扉が開きました。

病院のエレベーターは色々な方が利用されます。また亡くなられた患者さんも乗ります。私はその時、ある人の思いとと共に一緒に乗っていたのだと思うようにしています。

(大阪府 女性)

誰もいるはずのない階で止まる不気味なエレベーター

兵庫県西宮市の脳外科病院で看護師として勤務していた時の話です。

その日は夜勤で、3階にある集中治療室勤務で入院のお迎えのためベットで後輩とエレベーターに乗って1階の救急外来に向かいました日付は0時を過ぎており夜中だったと思います。ちなみに2階には手術室があり病棟はありません。

エレベーターに乗り1階のボタンのみを押して1階に向かったのですが押してもいない2階でエレベーターが止まり扉が開いたのです

後輩と「?何で疑問に思い他の病棟で緊急手術があったのかと思いましたが手術室には電気がついておらず誰もいません後輩と2階のボタンを押していないことを確認し疑問に思いながら救急外来で緊急手術が行われていないか確認することにしました緊急手術が行われていないか確認すると、行われていないと返事がありました。

その日の夜、緊急手術はありませんでした。

誰もいない手術室でしたが勝手にエレベーターが2階に止まったのです。もともと2階は改築する前に集中治療室があった場所でした。もしかしたらそこで亡くなられた方がさまよい、エレベーターに乗ってきたのかもしれません。そのときはとても怖かったのを覚えています。

(大阪府 女性)

慌ただしいエレベーター 怪奇現象

私が勤めている病院で起きた出来事です夜勤をしていた私は夜中の3時に患者さんの安否確認のための見回りに行きましたナースステーションから遠い部屋になるほど患者さんは割りと元気な方が多いのですがどうもナースステーションから遠い部屋の近くを通ると寒気がするような気がずっとしていました

廊下を進むと窓と職員専用エレベーターがあります職員専用エレベーターは亡くなった方を移送する際に使っています

気が重たかったのですが見回りはしなければならないので受け持ち患者さんの部屋を回っているとナースステーションから遠いエレベーターの前の部屋の患者さんが起きていました

夜中の見回りで患者さんも驚かれたのか今日は全然眠れないおっしゃっていました患者さんと相談して睡眠導入剤を医師の指示で内服してもらい朝を迎えました

昨日はお薬飲んで少し休めましたか聞くとエレベーターが何度も行ったり来たりてて音がうるさくて寝れなかったよー看護師さんも忙しかった緊急手術でもあったエレベーター降りたあとそのまま部屋に来たでしょ言っていたのです

その日は緊急手術もなくエレベーターは使うことはありませんでしたまして職員がそのエレベーターを使うことはありえません他の階のスタッフも使ったとしても中途半端な2階では降りることはまずありえませんそれに灯りを持たずに見回りに行くこともありえません

このような出来事がこの患者さんだけではなく数人の患者さんも体験しているようなのです

やっぱり病院は魂がさまよう場所なのだと思いましたちなみに私はこの話を聞いてから1人で見回りに行くことはなくなりました一緒に夜勤をしている人と全ての患者さんの見回りをしています

(奈良県 女性)

-看護師・医療機関関係者が体験した怖い話

Copyright© 不思議な話・恐怖心霊体験談 , 2020 All Rights Reserved.