仕事場で起こった心霊話

☆【怖い話・実話】 夜の会社内で私だけしかいない時に起こる心霊怪奇現象

夜間のアルバイトをしていた時の話です

そのアルバイトの主な仕事内容は資料をまとめたりPCのデータ入力でした

昼の時間にも同じ内容のアルバイトはあったのですが時給が高い夜間に働くことにしました 正直建物全体が薄暗くあまり良い印象がなかったので人が少なくなる夜間に働くのは怖いなという気持ちもありましたが短期間のアルバイトだったので働いてみることにしました

先に書いておきますが私は幽霊というものを信じていませんし今まで見えたこともありませんでも何かを感じ取る不思議な感覚は持っているなと小さな頃から思っていました

建物に入る前から感じていた、この会社は何か違和感があるなというのは当たっていたようでやっぱり変なことが何度も起こりました

夜間のアルバイトをしている人は10人ほどいたのですが私が作業をする部屋で一緒に働いていたのは私ともう1人の女の子だけでした

その女の子が部屋にいる時は何も起こりませんし普通に作業をすることができましたでもその女の子が部屋を出ていって部屋に私1人だけの状態になったらおかしな現象が起こるのです

まずは夜間で電話が鳴るはずがないのに何度も電話が鳴りましたしかも私が部屋で1人になった瞬間にかかってくるのです

電話応対は仕事内容に含まれていなかったので最初は出る気がありませんでしたがもしかしたら警備の人かもしれないと思い出てみたことがありますしかし出た瞬間に電話が切れてしまうのです

それが毎日続いたので同じ部屋で働く女の子に聞いてみたら電話がかかってきたことなど一度もないと言っていました

気持ちが悪くて正直もうこの会社で働くのは嫌だと辞めたいとも思いましたがそんな無責任なことができるはずもなく

短期間の辛抱なのだからと働き続けました

それからも変な現象は続き電話の他にも書類が並べられている棚の1番上から書類が突然何の前触れもなく落ちてきたりしたこともありました

それも私が1人でいる時だけです

しかも何度もありました

他にも夜間のアルバイトは全部で10人ほどでもちろん大人しかいないのに私が部屋にいる時にドアをノックする音がありドアの方を見ても何もなく

何だったのだろうかと考えていると子供の笑い声が聞こえてきました そして棚から資料が落ちてきましたその出来事が今までで1番怖かったです

(大阪府 女性)

-仕事場で起こった心霊話

© 2020 不思議な話・恐怖心霊体験談