仕事場で起こった心霊話

☆【怖い話・実話】 深夜の飲食店勤務時に実際に起こった心霊体験4選

更新日:

スーツ姿の男 心霊体験

朝まで開いているイタリアンで働いていた夜勤のスタッフはホール2人キッチン2人の4名でした

お店も広く200席程あるので一部の席にはベルで呼べるボタンを設置しています番号は7090です

深夜帯はお客様も少ないので死角になるその席に通すことは少ないです

その日もベルが置いてあるエリアは使っていませんでした

深夜3:30頃になるとお客様もだいぶお帰りになり私はテーブルの後片付けをしていました

その突然人がいるはずのないエリアのベルが鳴ったのです

その番号は40番

お店には40番というベルはありません

誰かがいたずらでやったのだと思い一応確認しに向かうとスーツ姿の男性が奥に向かって歩いて行くのが見えたのです

酔っ払って席を間違えたんだと思い着いて行くと見失ってしまいました

でもそれは不可能なのです

そのエリアの奥は非常口しかなく扉も施錠されているのです

しかしそこに人の気配も無く私は急に焦り先輩スタッフさんに事情を説明しました

すると先輩はこのお店はよくスーツ姿のおじさんと小さな女の子がいたずらしに来るんだよ言っていました

それ以来怖くて深夜帯のシフトに入るのは辞めました

(東京都 女性)

すぐに潰れてしまういわくつきの店舗

高校生の頃に飲食店でアルバイトしていた時の話です

高校生だったので家の近くで働ける所を探してバイトしていたのですがバイト先の従業員の方が言うにはそこの場所はコンビニができても飲食店が入ってもすぐに潰れてしまうという噂があるそうです

その方がふと窓の外を見ると上半身から上の男の人を見たそうです

自身は霊感がないため大丈夫だと思っていました

そのお店は店舗の二階が従業員のロッカーがあり着替えの場所だったのですがある一人でその場所のドアを開けると白い服を着た透けた女の人がいました

下のお店には他の従業員がいたのですぐに降りて逃げ、訳を話し、再び一緒に二階に上がってもらったのですが誰の姿もありませんでした

一緒に行ってくれた従業員の方もやっぱりねという感じでここにはいるんだなと思いました

私が見たのはそれっきりなのですがそこで働いている人全員に聞いたところ見たことがある人がとても多かったです

その後受験のためバイトを辞めたのですがすぐにその飲食店は潰れてしまいました

それから何回か新しく店舗が入っても数年のうちには潰れてしまっているみたいです

あまりにも潰れるお店が多いのもそこにいる霊が原因なのかもしれません

(熊本県 女性)

気味の悪い恐怖のトイレ

あれは私がラーメン屋の夜勤バイトをしていた頃の話でした

ラーメン屋はビル内にありビルの中のトイレ掃除をすることになりました

しかしそこでトイレにまつわる心霊話を聞いてしまいました

トイレ掃除をしていると何かがいるような気配がしたり何かに撫でられたような気がしたり気分が悪くなるそうです

絶対にあのトイレには幽霊がいると脅かされ嫌な予感を抱えたまま私はトイレ掃除に向かいました

深夜のトイレには誰もおらず古いビルなので不気味さが一層引き立ちました

切れかけた蛍光灯のせいで光がチカチカしているところも怖さを冗長させました

怯えながらトイレ掃除を始めたのですがたしかに何かの気配を感じます

しかしトイレの個室を覗いても誰もいません

気のせいだと自分に言い聞かせ私は黙々と掃除をしました

そしてトイレ掃除が終わりに差し掛かったふいに何か冷たい冷気を感じました

なんだか得体の知れない何かに触られているような

すっかり怖くなった私はあと少しだった掃除を切り上げラーメン屋に戻りました

そしてあのトイレはもう掃除したくないと店長に訴えました

結局トイレが不気味すぎてラーメン屋のバイトは早々に辞めてしまいました

(東京都 女性)

マイク越しに聞こえてきた赤ちゃんの泣き声 心霊体験

私の働いているは24時間営業の飲食店では正直心霊体験的なことはあまりなく私も霊感などは全くないのですがある夜勤のシフト中に(夜11時頃だったはず)店舗に6人ほどで洗い物をしながらサービスを提供していました

私の店舗はドライブスルーもありいつもは11時でも忙しいのですがその日に限ってはものすごく暇で従業員6人全員でドライブスルーのインカムで内線しながらのんびり仕事していました

するとある車が一台ドライブスルーに入ってきました

内線を一旦止めアルバイトの女子大生(仮にAさんとします)注文をとりはじめます

するとマイク越しに赤ちゃんがものすごく泣いているのが聞こえ私はこんな時間に泣いてる赤ちゃんのせてどうせヤンキーっぽい金髪の若い女性が乗ってんだろうなーっと思っていると40歳位の男性の声で私は普通にサラリーマンかよっと心の中で思いつつ仕事をしていました

そしてお会計窓口でお会計を済ませているのを近くで眺めていると少し違和感に気づきました

あれ赤ちゃんはそのあとAさんにあの車赤ちゃん乗ってなかったっと聞いてみると半分泣きそうになりながら私も聞こえたんで車の見たんですけど乗ってる気配すらなかったんですよその後その場でインカムをつけていた従業員全員に聞いてみると私を含めた全員泣き声を聞いていました

(京都府 男性)

-仕事場で起こった心霊話

Copyright© 不思議な話・恐怖心霊体験談 , 2020 All Rights Reserved.