仕事場で起こった心霊話

☆【怖い話・実話】 コンビニの夜勤で実際に起こった心霊体験談5選

深夜に聞こえてきた恐怖の物音

私が体験した心霊体験を記載します私は以前、某コンビニでアルバイトをしておりました

月日は覚えていないのですが時間は23時頃だったのを覚えております

私のアルバイト先は田舎だったせいかあまり客が来ることはなく深夜になると1時間に1人来ることすら怪しいほどです

そのため私はこの時間になるとレジの前を離れ店の掃除をして暇を潰しています

その日も客が来る気配がなかったため店の掃除を行っていたのですがある急に在庫の保管場所から物音がしたのです

様子を伺ってみるとお菓子類が入っていた段ボール箱が当たりに散らばっていました

段ボール箱の重ね方が悪かったのだと思いきれいに重ね直しました

ちょうど段ボール箱を重ね終えたときに店の正面ドアが開く音がしたため客が来たのかと思い急ぎレジの前に戻ったのですがどこを見ても客の姿は見えませんでした

よく考えてみると店の正面ドアを開くときは必ずいらっしゃいませ又はありがとうございました機械音が聞こえるので先ほど正面ドアが開いた音がしたのは気のせいだと思いまた店の掃除に戻りました

すると急に電話の呼出音が響いたのです

音の発生源はコンビニにあるATMの近くに置いてある電話でした

普段鳴ることがないので疑問に思いながらも電話を取ったのですが返事はなく数10秒ほど経った切られてしまいました

以上が私の体験した心霊体験です

(神奈川県 男性)

小さなお客さま 不思議な体験

コンビニの夜勤をしていた時の話です

その日は仲のいいスタッフと2人で夜勤でした

深夜2時を回った厨房の冷蔵庫の上から何やら音がしました

何か胸騒ぎを覚え耳を澄ましてみると女の声がしました

同僚の方を見ると青ざめた顔をしていて彼にも聞こえたのだとわかりました

気味が悪いと思いながらも品出しやレジで作業をしているとお客さんが来店したときに鳴るチャイムが鳴りました

お客さんが来たのだと思いいらっしゃいませ言って自動ドアの方を見ましたがどこにも人がいませんでした

その後も何度かチャイムが鳴りましたがそこには誰もいませんでした

同僚はひどく怖がりパニックになりかけていましたがなんとかなだめ仕事を続けていました

またチャイムが鳴るのではないかとふと入り口のドアの方を見ると明らかに人間ではない青い色をした小さなものが動いているのが見えました

目を凝らしてみるとその青い物体は大きさこそ小さな人形のようなサイズですが人間のようでした

ゆっくりと二足歩行でドアの向こうを歩いていきました

妖精のようなものだったのか何か悪い霊なのか真相は今でもわかりません

同僚と2人とも目撃したので決して間違いではないです

(東京都 女性)

あの世から来たお客様

神奈川県の某市のコンビニ店で夜間バイトをしていた時の体験談です。

私が行っていた業務内容は、品出し、清掃、販促物、接客が仕事内容ですが、その日は雨のため来客が少なく比較的楽な夜勤でした。

そして深夜2時頃にバックルームで書類整理をしていると入店音が鳴ってので、フロアに行くと誰もいなくて自動ドアすら開いておらず……。

もう1人従業員がいたのですが、ウィークイン冷蔵庫にいたので気付かなかったようです。

ですが、これでは収まりませんでした。

その後、男性が入店されてそのままトイレへ入られ、直後に2名のお客様が入店されて、トイレへ入って行かれました。

しかし、2つしかトイレはないのです。

そして、後から入店された2名がトイレから出てきました。

私は「え?先に入店した男性は?」となり少し落ち着いてから、監視カメラを見に行きました。

しかし映像に映っていたのは、勝手に自動ドアが開き、私が「どうぞー」と言っている映像だけが残っていました。

以後そのような不可思議な出来事はなかったのですが、今でも思い出すと寒気がする体験でした。

(神奈川県 男性)

違う世界に住む住人

私は昔から人よりも霊感が強いです。

学生時代に大学近くのコンビにであるバイトをしており単純に時給が良いからという理由で積極的に夜勤のアルバイトも入っていました

その店舗はとても小さく夜間にお客があまり来ないこともあり基本的には店内には一人でいることが多かったです

私が夜勤で入っていたある帽子を目深にかぶったお客様が入ってきました

遅かったこともあり万引きや強盗があるかもと感じた私はその人を見張ることに

見張るときは正面からではなく背後からと教えられていたため遠くから背後を確認することにしました

するとなんと龍のような長い尻尾が生えているのです

店内に入ってきたときはそのようなものは見えなかったのに

間違いかと感じた私は目をこすりましたがやはり間違いではない様子

この人はいったい誰なんだと不思議に感じているうちそのお客様がレジに向かったためあわてて支払いの準備をしました

帽子はやはり目深にかぶられたままで表情は口元しか見えません

コスプレなのかと思ったので尻尾リアルですねどうやって作られてるんですか声をかけてみるとその人の背後から小さな妖精のような子が現れ偽者な分けないじゃないバカないわれてその場を立ち去っていきました

驚いて外に出ましたがすでにその人の姿はなくその後も何も起こることはありませんでした

いったいあの人はなんだったのか今でも思い出すたび不思議だなぁと思う出来事です

子どもたちの来客 心霊体験

東京都葛飾区で、5年ほど前にコンビニエンスストアで夜勤として働いていた時の話です

あるバックルームで休憩していた私がジュースを飲みながらボーっとしていると突然監視カメラから子供の声が

何かと思うと男の子が店内に入ってきてトイレに向かって楽しそうな声で走っていきました

その私はこんな時間に珍しいなー思いながらそろそろ休憩を終えるのでフロアに出る準備を整えフロアに出ました

すると直ぐに今度は赤いジャンパーを着た女の子が入ってきて今男の子入ってきませんでしたか聞いてきたのでトイレに行きましたよー言うと同じように女の子は楽しそうにトイレの中に

こんな時間だし外に親でも居るのだろうなーと思いながら作業をしていると男の子と女の子がトイレから出てきてありがとうございましたいって出口へ

こちらもはーいバイバーイいって手を振ってあげたのですが二人の子供が店の外に出た瞬間です

フッと消えてしまったんです。

テレビのスイッチでも切ったみたいに一瞬でです

そうしていると別のところで作業をしていた先輩が僕の所に来て一言さっきから一人でやってんだ

5,6歳の子供二人居たじゃないですか返すといや店内誰も入ってきてないしお前一人でブツクサ言ってたぞとの

丁度お客さんが居なかったので監視カメラを確認しに行くと確かに最初は男の子が入っててるのですが出る時は何の声もせずただ店の扉が誰も居ないのに開いただけで私は誰も居ないその扉に向かって手を振っている映像が

先輩と顔を見合わせてポカーンとしてしまいました

一体あの子供は何者だったのでしょうか

(東京都 男性)

深夜3時に起こる怪奇現象

私が大学2年生の頃に勤務していたコンビニであった出来事をお話します

勤務時間か21時から8時まででスタッフは含め3人程でした

基本タイムスケジュールは12時2時までローテーションで小休憩3時に納品5時からローテーションで本休憩というものでした

私が同僚が体験した心霊現象は毎日3時の納品時に起こっていたものです

毎日大量の飲料を冷蔵庫に運ぶのが私の仕事でした

冷蔵庫の大きさは畳8畳くらいで大きい棚が中央にありその棚から飲料を出し入れする形でした

昼間は特に感じなかったのですが4時を過ぎるといつも天井あたりから視線を感じていました

同僚にも確認してもらったのですが皆が同じ違和感を感じていました

特に何かを見たとかではないので気にはしていなかったのですが決定的な出来事が起きてしまいました

その日はいつも通りに作業をしていたのですが私が体調を崩していた同僚が飲料を冷蔵庫に運んでくれていました

私が店内の商品をあらかた片付け終わった冷蔵庫から作業をしていた同僚が飛び出してきました

その同僚はずっと「視線が女の人が」と言って震えていました

私はいつもの事だろうと思い代わりに冷蔵庫に入ったのですがいつもと違う空気にゾッとしたのを今でも覚えています

同僚に話を聞いた飲料を置いている棚の隙間から女の人がこちらを見ていたそうです

後でオーナーに確認したところコンビニの前は小さな診療所があったそうで冷蔵庫があった場所は丁度入院患者さんが過ごす病室だったそうです今でも原因はわかっていません

(千葉県 女性)

-仕事場で起こった心霊話

© 2020 不思議な話・恐怖心霊体験談