心霊系不思議な話

☆【不思議体験】 誰かのお告げで助けられた体験談

更新日:

以前勤務していた派遣会社でのこと派遣先現場と事務所での事務作業を兼務していた私は多忙の日々を送っていました

上司は営業をするといった体制会社だったのですが最初の頃は上司が現実を分かっておらず会社のお金を自由に使い込むといった目茶苦茶をする始末でたまにトラブルになっていました

しかし社長がその都度仲裁をしてくれどうにかなっていました

2年が過ぎたころ私の上司は取引先であまり相手にされなくなったのか飲んだくれの生活になり毎晩誰かと一緒にいなければ満足しない自分が偉そうにしていなければ満足しないという子供じみた病気にかかりました

私にはハラスメントとなって表れ私は苦痛の日々を送るようになりました

その私は家庭内での不和と会社でのハラスメントと板挟みになり自分が壊れてしまう将来どうなるのか生きた心地がしない毎日でしたそして体への不調が突然現われます

首の筋肉の硬直と突発性難聴を発症し寝たきりの生活を余儀なくされましたその上司には誰かに恨みを持たれているんだ捨て台詞を吐かれました

私の中では絶対あいつのせいだ悔しくて仕方がなく仕返しをしてやろうなどと病床の考えたりもしました

そんな定かではありませんがお前は手を出すな復讐はお前の仕事じゃないというフレーズを寝ているぼんやりしている時に得体の知れない誰かに言われた気分になりました

とても悔しいけれど仕返しは僕のやることじゃないあんな奴は相手にしてはいけない念じるようになりました

それからほどなくして私は会社都合による退職となり傷んだ体をおしてのバイトとハローワーク通いと転職活動をしました

2か月のフリー生活の就職が決まりました安月給ですが

そしてかつての上司は自分の住処であった事務所を業績悪化のため失いました

仕返しをしたいという欲望はあっても決して手を出さない別の道をとっとと歩む嫌がらせをした人には天が処罰をするのだなと改めて他人に嫌がらせをしてはいけないという教訓を得た出来事でした

(東京都 男性)

-心霊系不思議な話

Copyright© 不思議な話・恐怖心霊体験談 , 2020 All Rights Reserved.