仏閣系の心霊・不思議な話

☆【不思議な話・実話】 神社に行くと具合が悪くなるという体質 エピソード2選

当記事は神社に行くと危険だと言っているものではなく、稀に様々な影響を受けて体調が悪くなる方もいるという体験談を紹介しているもので、特定の神社を誹謗・中傷するものではありません。

当サイトが集めている、他の記事では神社のご利益を多く紹介しております。

 

神社と相性が悪い体質

私は、全ての神社ではないのですが大きな神社のお神楽をやっているような神社に行くと、気分が悪くなることが多く、子どもの頃から「お神楽はきっと神様の為にやっているのに、それを聞いてしんどくなるなんて私が邪魔なのかもしれない」と何となく思っていました。

そして大人になり、ある日の事。当時付き合っていた彼氏が「今度の連休に島根と鳥取に行かない?」と誘われ、嬉しくて了承。

そして当日、最初に島根に行き出雲大社へ。

大きな鳥居をくぐると、すぐにお神楽が聞こえてきました。

昔の事もあるので、少し心配しつつ進むにつれ、案の定どんどんしんどくなってきてしまいました。

そしてお神楽の前についた時にはどうにもならなくなり、トイレに駆け込んでしまいました。

汚い話になりますが、上から下まで全部出ちゃうような酷い状態に…。

とりあえず、外に出て神社内へ散策しましたが、再びダメになるとトイレに行くというような感じになってしまいました。

なんとかおみくじを引くことになり、2人とも同じ4番を引き、最後に入った宝物殿で妖刀正宗を前に遂に倒れてしまいました。

完全に意識が無くなってはいないので、自力で通路の端に寄って寝転ぶ私…。

心配する彼に「すぐにマシになるから大丈夫」と言うけど、それでも多くの観光客が誰一人として助けてくれませんでした。

声をかけないはまだいいのですが、誰もこちらを見る事もないという。まるで私が見えていないように思える感じです。職員もいるのに。

そのまま横になっていましたが、あまりの様子に彼も「もう堪能したから出よう」と言い、敷地から離れるにつれてどんどん楽になり出雲そばも食べれる状態に。

その後帰宅してから1ヵ月くらい体調が良くなくて、バイト仲間から「オーラで診る医者がいる」と聞き、前世療法もやってると言うので、受診することにしました。

その結果、どうやら私は霊とかに利用されやすい特殊な体質だそうです。また元々神社は良い場所だが、逆に良くない人や霊も集まりやすいとのこと。

私はその何者かに呼ばれて”出雲大社へ行き、エネルギーを吸いとられたそうです。

色々と言われましたが、回復は時間が必要で、私はその何者かに呼ばれて出雲大社へ行き死ぬ寸前迄エネルギーを吸い取られたのだそう。他に言われたのことはだからてる通常よりベッドに沈み込む感じするでしょ?”と、まさにその通りでした。

(女性)

とある神社に行った際に具合が悪くなってしまった体験談

神社に訪れた際の出来事です。一年前くらいのちょうどお正月後の話になりますが、私が友人に会いに横浜に行った時の話です。

私はドライブが好きだったので、その友人と会うときはよく自分の車で前日の夜に高速に乗ってサービスエリアを楽しみつつ、のんびりと現地まで行くのですが、約束の時間まで2、3時間くらい早く着いてしまったのでお正月に初詣に行けなかったので少し遅めの初詣に行こうと近くの神社に車で向かいました。

その神社は地元の方も利用しており私も何度か車で横切ったことがあったので一度行ってみたいと思っておりました。神社近くの信号を右折待ちしていたら突然の頭痛に襲われました。正直、運転も少し危うい位の突然の頭痛だったのでやばいと思い、必死の思いで右折し神社の駐車場に停めることができました。

到着し一安心できましたが頭痛が治ることはなく車から降りることができませんでした。

天気の悪い日の偏頭痛はあったのですがその日は青空が広がるほどのいい天気。しかも神社に休憩していても体調は良くならず、頭痛に加えめまいと動悸が激しくなってきました。

物静かだった神社から”ドンドコドンドコ………“太鼓の音が聴こえてだんだんと怖くなり、ここにいてはダメかもしれない…どうしよう…しばらく休んだらめまいが一時的に弱くなったのでその隙に神社の駐車場からちかくの家電屋の駐車場に向かいました。

頭痛と動悸が止まらなかったのですが神社から離れるにつれて落ち着きを取り戻し駐車場に着いた頃にはひどかった頭痛・動悸も治りなんだったんだろうという疑問だけが残る結果となりました。

(愛知県 女性)

-仏閣系の心霊・不思議な話

© 2020 不思議な話・恐怖心霊体験談