運転系の怖い話・心霊

☆【怖い話・実話】 肝心な場所で表示しなくなってしまったカーナビの恐怖体験

彼氏が免許を取得したので、初めてのデートも兼ねて夜景を見に行った時の話です。

そこの夜景スポットは地元でも有名な場所でネットや情報誌にも載っており、迷うような場所ではありませんでした。

しかし、その彼と言った時、なぜだかいくら走っても着かないのです。行き止まりのような場所に着いてしまい、迷ったようでした。

現在地を確認するためナビを見てみると、道が表示されません。二人とも少し道を間違えたくらいにしか思っておらず、焦ったりもしていませんでした。

とりあえずそこは狭く行き止まりなので、何回かにハンドルを切りながら向きを変え、次で行けるかな、と思いバックさせた瞬間、バックミラーに何か大きなものが映ったのです。それは大きな井戸のようなもので古い石でできているように見えました。

ビックリしすぎてしまい、すぐに前進させたため、バックミラーは遮断させ、見ることは出来ませんでした。

2人して「今の何?」「何が見えた?」とやりとりして、テレビにしていたナビを地図に変えて確認すると、さっきまで何も表示されていなかったのに「〇〇墓跡地」と出ていました。

「何これ!」と大慌てになり、夜景どころではなくなったので、そのまま帰宅しました。

後でネットで検索しても何も出て来ないし、いったいあれは何だったんだろうと謎のままです。

(静岡県 女性)

-運転系の怖い話・心霊

© 2020 不思議な話・恐怖心霊体験談