入院系の怖い話

☆【怖い話・実話】 病院に住み着く死神の恐怖エピソード2選

死神看護師

わたしが入院しているとき夜中になると隣に寝ていたおじいさんがうわまた立ってるしにきたとかよくわからないことを呟いていました

朝になり勇気をだしておじいさんに夜中に何がいるのですか聞いてみました

するとよくわからないが看護婦が立っている言ってました

はじめは夜中に間違えてナースコールを押したのだろうと思っていました

ですがあるときに夜中に今日はおじいさん静かだな思っていた時です

目を開けると目の前に透けた看護婦が立っていました

そしてわたしに向かって隣の人連れてっていい言ってきました

びっくりしたわたしは何を思ったかいいから早く出て行って言いました

すると翌日隣のおじいさんは亡くなりました

本当に連れていかれたのです

わたしは怖くなりこの体験を看護婦の人に話してみました

すると看護婦たちはざわつきはじめこの話は病院内で話してはダメだからね言い出しその場を去っていきました

後で知った話ですがあの病院ではかつて自殺した看護婦が霊として現れ患者を連れていくという噂が影であったみたいですわたしが連れていかれなくてよかったと思いました

(埼玉県 女性)

死を予期する老人

こんにちは福岡県でカーレースで事故を起こして入院してしまった者です

まぁまぁ怖かったです入院期間は3か月ぐらいだったと思います

搬送された病院は都内のデカい病院でした

まぁまぁデカい事故を起こしたんでいいとこに入れたのでしょうか

まぁ最初の1か月ぐらいはなんともなかったのですがそれからちょっとしたら入院した人ならわかると思うのですが凄く暇なんですよね...おまけに夜も眠たくなくて病院内をうろついたこともありました

その夜も隠れてうろついていたのですが同じような考えをもったお爺さんもいたので夜中にベンチで喋っていました

そのお爺さん曰く霊感が強いらしいので誰がいつ死ぬとかが分かってしまうらしく何号室の誰誰が明日死ぬよとか誰誰が何時間後に発作起こして...とか言ってホントなん思ってその時は全く信じてなかったのですがそれからその人が言ったように数時間後にお爺さんが言った人が発作を起こして夜中に亡くなっていました

そのついでに出てきたナースにふらついているのがバレて怒られました

気が付いたらそのお爺さんも消えていたのです

まぁたまたまだと思うのですがそのナースにお爺さんの名前を聞いていたので知ってるってナースに聞いてみたところそのお爺さんはよく夜中に病院をふらついている若い人の前に出てくる入院して死んだ人の霊らしくてその病院内では有名な霊だったらしいのです

その霊がたち悪いらしくたま恐ろしいことをするらしいのです...

(広島県 男性)

-入院系の怖い話

© 2020 不思議な話・恐怖心霊体験談