未分類

☆【不思議な話・実話】 霊感の強い人から忠告された心霊エピソード4選

更新日:

先輩が教えてくれた目の赤い危険な霊

以前勤めていた会社の上司が霊感が強かったのですが見えるいうよりも回避する能力に長けたタイプの方でした

沖縄県の塩屋付近に職場があり県外から沖縄県に来た上司は車を持ってきておらずしばらく徒歩で通勤していました

ある時その上司から歩いて帰るなら近くのイオン付近の気をつけてな助言されましたいいますのもその当時私は運転免許を持っておらず徒歩で通勤している数少ない職員だったのです

何か事故や事件でもあったのかなでもそんなニュースでもやっていなかったしと思い半ば好奇心からどうしてですか聞き返しました最初は言うことを渋っていたのですが上司は重い口を開きました

毎日あの坂歩いてるけど最近やばいのが居た元々あの辺りは墓地が多いしサトウキビ畑も周囲にあって街灯も少ない人とすれ違うにしても影しか見えないからいつも以上に人じゃないものと目を合わせない気づいたことを気づかせない様に気にしながら歩いてるんだ一番あったらヤバイ奴の特徴ってな目が赤いそいつと目が合ってしまえばおそらく連れていかれるそれは死ぬってことだわかるかここ一週間の間に俺はそいつに出くわしてるヤバイ気配でわかって絶対顔をあげない通り過ぎても後ろを見ないことでその危機を回避したがそんなこと知らないやつの方が多いだろう

私はこの話を聞いてしまったことを後悔しました

今では運転免許をとって車で出かけることが多くなりましたが今でもその場所は避けるようにしています

(女性)

水子の供養

霊能者お金を取って商売にはしていない友人から聞いた話です子供たちの体調がよくないとの相談をとんかつ屋を営む夫婦から受けたそうです

この夫婦には長男長女次女の3人の子供がいるそうなんですが誰かが熱を出して治ったと思えば他の子がケガをしたりこの子が治れば今度は別の子が肺炎を起こして入院ように次々に体調を崩し3人とも元気という時期が記憶に無いほど誰かの調子が悪いとのことだったそうです

友人がお邪魔するとすぐに原因が分かったそうです

もう一人子供がいたな

事実確認すると奥様は泣き出し旦那様は動揺を必死に抑えながら話してくれたそうです

長男と長女の間に流産した赤ちゃんがいました

彼はご夫婦に原因はこの子です何らかのメッセージを僕に送ってくれると思うので100円ショップで構いませんお絵書きノートと12色の色エンピツを買ってきて仏壇に供えてくれませんか1週間後またお邪魔します

そして1週間後再びご夫婦のもとへ

仏壇のノートを開いて愕然としたそうです他の人には見えず彼にしか見えなかったらしいのですが大人2人と子供3人の絵が書いてあって全員赤い涙を流していたそうです

そして次のページにみんな楽しそうなのにどうして僕だけこんな冷たいところにいるの

彼の話だとまだ小さな頃の流産だとなかなか供養ができず成仏していないケースがほとんどだそうでこういう場合はご先祖さんに導いてもらうしか成仏させる手段がないとの

早速旦那様のご先祖のお墓に連れて行ってもらいご先祖さんに水子を導いてもらうよう祈祷してうまくいったそうです

その後は家の中で時折聞こえるラップ音のような現象や鳴き声も聞こえなくなりお子様たち3人も元気になってすくすく育っていったそうです

水子は暗くて寒いところおびえているそうなので供養してあげないとこのような現象がおこるそうです

(宮城県 男性)

幽霊が見える友人の話

大学時代の友人の話です友人は強い霊能力がある訳ではないのですが子供の頃から比較的霊感が強い方なのだそうでちょっとした霊体験などをたまにすると話していました

当時友人は独り暮らしをしていたのですがある時から自分の部屋に女性の霊が出現するようになりラップ音などがうるさく鳴りはじめ霊が出現する回数がだんだん頻繁になってきたのが原因で住んで間もないアパートを引っ越したりもしていました

友達の家などに遊びに行くとたまにふいに霊が見えてしまうそうでよく独り暮らしをしている他の友人から自分の部屋に何か霊的なものはいないか見てくれ頼まれたりもしていたようです

そんな友人が今まで一番怖かった霊体験は自分の実家でのことだそうです

友人が高校生の頃の夏休みちょうどお盆の頃だそうですがある日の友人はリビングの窓際にあるソファーで寝転んでテレビを見ながらついうたた寝をしてしまったそうです

うとうとしながら寝ていると窓からコツンコツンと音がして友人は目が覚めました

すっかりうたた寝してしまったので水でも飲んでからベッドで寝ようと思いキッチンで水を飲みリビングに戻ろうとしたそのふとリビングの窓に目をやるとカーテンを閉め忘れた窓の外に白い着物を着た女性がさっきまで自分が寝ていたソファーを見下ろすように窓の外に立っていたそうです

さらに怖いことには友人の実家は高台にあり家のリビング側は外は崖のような造りになっていて人が立てるような高さではなかったとのこと

霊感がある友人から実際に聞いた体験談ではこの話しが一番リアルで怖かったです

(神奈川県 女性)

飛び降りをした女性の霊

当時住んでいたマンションでのお話ですうちで飼っていた猫のことで仲良くなった5階の奥さんがいました彼女は霊感がとても強くご自身では困り果てているくらいでした

ある彼女の借りている部屋のリビングに男の人のようにドカドカと足音を立ててやってくる霊がいて困っているという話を聞きました

その霊はマンションの入り口広場前の木と街灯のある辺りからよくマンションを見上げているというのです

部屋にやって来たときはご主人用に買い置きをしてある菓子パンを荒らすとも言っていました

私にはその霊の正体が誰であるか見当がついていました

5階の奥さんにはそれは男性ではなくて、40代くらいの主婦数年前にベランダから飛び降りて亡くなった人だよきっとすごく大辛だったから教えてあげました

ちょうど私たちと同じ部屋番号で7階に住んでいた人が精神的な病を患っていたらしくとっさに日中7階から飛び降りしてしまったのです

5階の奥さん夫婦が越して来た時にはすでに亡くなった主婦のご主人と息子さんは引っ越して居なくなっていましたが、女性まだこのマンションにうろついているんだと思ったら怖くなりました

(埼玉県 女性)

-未分類

Copyright© 不思議な話・恐怖心霊体験談 , 2020 All Rights Reserved.