介護職員が体験した不思議な話

☆【不思議な話・実話】 私の勤務する介護施設で起こる様々な怪奇現象エピソード3選

心霊現象は夜勤時に多く起こるという体験談

私が勤務していた介護施設での体験談です。私はそこの施設で7年間勤務してきましたが、数多くの心霊現象を目の当たりにしてきました。

ある日、いつも通り出勤すると、ある利用者さんの部屋の前に、薄い人型をした黒い影が見えました。あまり気にはしていなかったのですが、その日はその部屋から視線を感じ、勤務していると、数時間後にその部屋の利用者さんが亡くなられました。

それからも、そのような不思議な現象が続き、人が亡くなる時に誰かが迎えに来るという事はこうゆう事なのかなと思うようになりました。

おそらく私がみた影は亡くなられた方の親族なのかもしれません。

他には夜勤勤務の時が多く、誰もいない空室の部屋から何度もナースコールが鳴ったり、勝手に食堂にあるテレビが深夜に点いて、消してもまた点くみたいな。廊下の電気が勝手に点くのは日常茶飯事です。でもおそらくお世話になった職員に挨拶をしたり、まだ亡くなった事に気付いていないで日常生活をしている方もいるのかな、とも思います。

そうゆう事もあり、私がそのような現象に立ち合った時は、「亡くなっているんですよ。逝くべき場所に行って幸せに過ごしてください」など優しく声を掛けてあげています。

(女性)

様々な怪奇現象

私が勤務していた老人介護施設で、夜勤中に不思議な事がよく起きました。

そこの施設は7階建てなのでエレベーターを使うのですが、私が乗り込んで閉まる直前に白い着物を着た老人がしゃがんでいるのを目撃しました。ただ、閉まる寸前なので見間違いかな?と思い、上の階へ行くと、そこに座っていた入居者さんが廊下の端をずっと見つめており、「どうしたの?」と話掛けると、「あそこに白い着物を着た人がいるよ」と…。

その時は見えなかったのですが、おそらく私に付いて来たのだと思います。

それを境に夜勤中に連続して様々な事が起きたのです。

誰もいない部屋の電気が点いたり、ナースコールが勝手に鳴ったり、水道の蛇口も勝手に流れたり。

また仮眠時は窓の外に老人の生首が浮いていた時はさすがに驚きました。

実際に介護施設では多くの入居者様が亡くなられているので、不思議な現象が起こってもおかしくはないですが、夜勤中は職員も少ないので、本当に怖いです。

(愛知県 女性)

よく現れる女の子の霊

現在勤務している特別養護老人ホームでの話です。そこの施設は100名ほど入居者がいる大きな規模でもあります。

しかし夜勤中にいろいろな事が起きます。

まず1つ目は、誰もいない居室から夜中にナースコールが鳴なるのです。もちろん取っても誰も出ないし、行っても誰もいません…。

また看取りと呼ばれる終末期ケアも実施しているのですが、そこの居室では亡くなる利用者さんも多いです。たまに元気な人が入ってもすぐに状態が悪くなってしまいます。また夜勤帯にそこの居室に行くと、まるで誰かに見られているような感覚になり、この部屋は職員からは恐れられています。

もう1つはエレベーターを出る時に、小学生くらいの女の子に会うと言う現象も多いです。

施設は2階建てで、私のユニットは2階なのですが、1階の自販機に買いに行くためにエレベーターに乗り1階のドアが開いた瞬間に、女の子が立っていてすぐに消えたという経験があります。その子の顔はおかっぱ頭で、顔はありますが、目や口がないのです。

特になにかする訳でもなく、「ウワッ」と言うと消えてしまいます。

逆に1階から2階に上った時にはいません。

同僚に聞くと、霊感が強い人は見えるらしく、私は霊感がないのに見えました。

その同僚曰く、特に悪さをするわけではないから大丈夫だよ、とのことですが、いきなりエレベーターが開いて女の子がいると驚いてしまいます。

(福岡県 男性)

-介護職員が体験した不思議な話

© 2020 不思議な話・恐怖心霊体験談