幽体離脱・臨死・生霊系の不思議な話

☆【不思議な話・実話】 バイク事故で意識を失い自分の一生を見てしまった体験談

これは今から30年以上前の私が19歳の時に起こった話です。当時私はバイクに乗って某有名デパートで働いておりその日もいつもの通りバイクに乗って出勤しました

途中お弁当を忘れたのに気づき一度家に帰ってまた出勤となりかなり焦り急いでいました

その後、今井橋を渡った辺りで私はバイクで激しく転倒し救急車に運ばれたのですが気付いた時には不思議な場所に居ました

エリートらしき白人がせっかちに働いています見ると103階建のビルが見えますその高いビルに向かって行くと噴水がありましたその噴水の上に地球儀が乗っていますすごい高いビルだなぁと思い中に入りました

全面ガラス張りのビルです

ここは何処だろう不思議に思いながらもエレベーターに乗って83階に行きました見ると私にそっくりな人がいます見た目は今の私より20年は上ぐらいですがよく似ている人だなぁと思って近ずくとギューっと吸い込まれました

思う暇もなく吸い込まれたのです

すると今度は何故か忙しい忙しいと激しいストレスを感じました時計を見ると17時です何故か私は「See you tomorrow(あた)言ってそこを離れると大邸宅に帰りました

バスで帰る途中後ろに高層ビル群が見えダブって夫のお墓が見えました私のお墓もあります

そこにはヤエコは世界中の人の為に働き平和な地球を作りあげた日本人です英語で記されていました

私は生きていますよ、と思いながらニュージャージーの屋敷に帰りますするとその情景は消えて新しい家が建っています

4階建ての屋敷は何故か1階建てのモダンな今で言うスマートホームになっていますそして荷物は何やら小さい音が出ないヘリで来ています車は飛んでいますすると何処からか両親の声が聞こえ八重ちゃん八重ちゃん言う方にギューっと引っ張られました

気がつくと順天堂病院にいました

ところがその後私は10年後ワールドトレードセンター83階で働くようになり屋敷に住むようになりました白人の夫がいました今は離婚して私は帰国していますそしてまだ生きています

今までの一生は事故で体験した通りなっています私は再びニューヨークに戻りあのお墓に入る運命何でしょうか

(千葉県 女性)

-幽体離脱・臨死・生霊系の不思議な話

© 2020 不思議な話・恐怖心霊体験談