引き寄せの法則な話

【引き寄せな話・実話系】 願いを込めてミサンガを作って願いが叶った体験談

山形県在住のものです中学生の時の経験なのでもう15年程前の話になります

当時私たちの世代でミサンガを作ってアンクレットとしてつけるのが流行っていました

既にミサンガとして売っている既成のものではなく糸から自分で編んで作るものです

糸はその辺の雑貨屋さんなどで市販されているごく普通のものを使っていました

ミサンガは切れると願いが叶うと言われていると思いますが願いながらつけてても叶うことはなかなかありませんでした

ある編んで作ってるときから念じてみたらどうかと思い好きな先輩と付き合えますようにと繰り返し念じながら最初から最後まで編みました

着けてるときはそこまで意識はしていませんすると先輩には彼女がいたのに別れて私と付き合うことになったのです

それ以来何か大きなイベントがあるときは念じながら作るようになりました

中学最後の部活の大会私が所属していたバスケットボール部は隣の市の中学校に勝つことができずいつも2位でした

最後の大会くらい勝って県大会に行きたいという思いが強かったのでミサンガを作ることにしました

優勝しますように優勝しますように優勝しますように...一気に作り上げるためそれはそれは集中します

大会当日せり続けた結果5点差で勝つことができ17年ぶりに県大会に出場することができたのです

もちろん厳しい練習もしていたので一概には言えませんが今でもミサンガのおかげもあったのではないかと思います

今となっては作り方は忘れてしまいましたが念じながら作ったことでいくつかの願いが叶った中学時代は不思議な経験でしたがいい思い出です

(山形県 女性)

-引き寄せの法則な話

© 2020 不思議な話・恐怖心霊体験談